menu
閉じる
  1. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  2. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  3. いもうと(頼朝と政子)
  4. カクヨムで連載中です
  5. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  6. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  7. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  8. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  9. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  10. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
閉じる
閉じる
  1. カクヨムで連載中です
  2. 2021年もどうぞ宜しくお願いいたします
  3. 北条一族って
  4. こんにちは。細々と活動してます。
  5. とかじり小四郎・江間義時を一旦下げましたが、やっぱり戻しました。
  6. 脳腫瘍手術後・療養日記4
  7. 脳腫瘍手術後・療養日記3
  8. 脳腫瘍手術後・療養日記2
  9. 脳腫瘍手術後・療養日記1
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―67
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

やまの龍の記事一覧

アマカケル北条の姫

「アマカケル―北条の姫―」
2018年11月11日より、Amazon Kindle で販売開始します。

腑抜けの三郎

「腑抜けの三郎」
二代目執権・北条義時の三男、北条重時。
江ノ島を舞台に、龍と共に戦う少年少女の物語(連載中)。

体調が少し良くなった時にカクヨムで北条義時の妻、姫の前の連載を開始しました。本当は女頼朝を再開しようとと思ったんですが、今ちょっと難しそうなので一応完成してる方を打ち込み直しながら定期更新しております。…

年が明けて、世情は色々ですが、冬至も無事に過ぎて、でもまだまだ頑張れるはずと、復活を目指して地味に稼働中です。相変わらずパソコンはあまり触れませんが、右手一本で何とか頑張ります。とりあえず、来年の大河が江間義時くんなので、新作も別で…

なんか、とかじり小四郎を復活させたら、下書きに残っていたものがあったので、5年前の文章ですが、そのままアップしちゃいます(笑)  武士とは義に生きるモノではなし北条氏というと、戦国の北条氏が思い浮かぶ…

ご無沙汰しておりますのたりのたりと生きております。少しずつスマホは短時間なら持てるようになってきたので、絵をアナログで描いてはアップ始めてます。文章は原稿用紙に手書きして、家族に打ち込んでもらいました。物凄く時間かかったけど(^^;このサイ…

「とかじり小四郎・江間義時」を一旦下げましたが、やっぱり戻しました。来年の大河だしね…思い入れが多すぎて色々思うところは尽きませんが、私は意外にしぶといのです。…

退院後、本をたくさん読んで気付きもいただきましたが、中に「知ってもし幸せな気持ちになったのならば、それを自分の中だけにとどめておかず、種として撒き、広く伝えるように」というような意味のことが書いてあるのが目にとまり、…

こんにちは〜台風去って急に冷え込みましたね。思い立って鉛筆描きしたものをアップします。秋なので萩の花をと中学時代からの友人に手紙で送ったもののスキャン。昔は色鉛筆で色塗ってたんだけどこれはクーピーペンシル(12色^^;)ちと無謀…

こんにちは。前回、「おすすめは、いろは歌とひふみ祝詞です。」とか書いたので、そのお話。「いろは歌」いろはにほへとちりぬるをわかよたれそつねならむうゐのおくやまけふこ…

こんにちは。実は昨年晩秋に倒れて救急搬送され、見つかったのが脳腫瘍。その後2回の手術を受け、退院しましたが、まだのんびり療養中です。毎日読書して新作の妄想をしてます。パソコンは短時間しか使えないので少しだけ。原因は色々あ…

  「別当殿、武州殿がお呼びです」 呼ばれて我に返る。三浦義村の四男の光村が立っていた。彼も小侍所に詰める一人だ。「光村、『別当殿』って呼び方は止めてよ」「いえ、これは執権殿の…

さらに記事を表示する

<AD>

Amazon 出版物(電子書籍)

「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)


捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ピックアップ記事

  1. 体調が少し良くなった時にカクヨムで北条義時の妻、姫の前の連載を開始しました。本当は女頼朝を再開しよう…
  2. 年が明けて、世情は色々ですが、冬至も無事に過ぎて、でもまだまだ頑張れるはずと、復活を目指して地味に稼…
  3. なんか、とかじり小四郎を復活させたら、下書きに残っていたものがあったので、5年前の文章ですが、そのま…
  4. ご無沙汰しておりますのたりのたりと生きております。少しずつスマホは短時間なら持てるようになってきたの…
  5. 「とかじり小四郎・江間義時」を一旦下げましたが、やっぱり戻しました。来年の大河だしね…思い入れが…
ページ上部へ戻る