menu
閉じる
  1. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  2. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  3. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  4. いもうと(頼朝と政子)
  5. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  6. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  7. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  8. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  9. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  10. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
閉じる
閉じる
  1. 復帰祈念と新年のご挨拶
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―59
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―58
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―57
  5. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―56
  7. 更新が滞るかもしれません
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―55
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―54
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―53
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

やまの龍の記事一覧

アマカケル北条の姫

「アマカケル―北条の姫―」
2018年11月11日より、Amazon Kindle で販売開始します。

腑抜けの三郎

「腑抜けの三郎」
二代目執権・北条義時の三男、北条重時。
江ノ島を舞台に、龍と共に戦う少年少女の物語(連載中)。

   日付が変わる頃、雨が降り始めた。月が出て雲の影もないのに小雨がぱらぱら降り落ちる。空気が生暖かい。ぴりぴりした何かを含んでいる。 混乱の鎌倉の町を重時は走っていた。あちこちで鳴り…

「挿絵イラストが描けない時に加工してオリジナルにする方法」でも挿絵の作り方は紹介しましたが、もっと簡単に、ほぼほぼ加工をせずに挿絵イラストを作れることもあるので今回はそれを紹介。素材を2枚…

   鎌倉の市街地でも激戦が繰り広げられていた。幕府方の大将として軍を指揮していたのは北条泰時。彼は和田の進行を一歩も引かずに頑強に押し留めた。 戦が長時間に及ぶにつれ、近隣諸国から御…

   その頃、修羅の場は南庭へと移っていった。義秀はまさに鬼神であった。彼に挑んだ名のある武将が次々に倒されていく。御所方の御家人は義秀を取り巻き、いかにして彼を止めるかと息を詰めていた。…

   その頃まさに御所の南門前では、馬に騎乗した義秀が御所内に攻め入らんとしていた。「我こそ朝夷奈義秀! 傍若無人の義時の所業を諌める為に起った。将軍をたぶらかし権威を欲しいままにする…

   その頃、和田館は騒然としていた。「挙兵が北条に漏れたやもしれません!」 危急を知らせる男の声に場は一気に殺気立つ。御所の偵察に立っていた男は膝をつき義盛の顔を見上げると、…

  「朝時兄がいない……?」 京への途上。富士に着いた重時は驚いた。兄に話を通しておこうと立ち寄ったのに、蟄居していた筈の朝時がいなかったのだ。「はい。『和田との戦が間近だから…

 第五章 「和田合戦・猛将・朝夷奈義秀」 三浦胤義はその日、兄・義村の館を訪れていた。二人は同母の兄弟で仲が良かった。「和田がこの館に足繁く通っていることが御所で噂になっております。三浦は和田…

   重時の目の前には姫君然と飾り立てられた言がいて、様々な感情が入り交じった目で重時を見ていた。お互い何かを言おうと口を開くが何も出てこない。言葉の代わりに大粒の涙を零す少女に重時は動揺した…

「安全ではありません」と警告を発するようになったサイト。ちらほらと調べたところ、一般の企業でもまだ対応が出来ずにエラーってる所がまだまだありますね。前回はWordPressを使用しているサイトでの、アップデー…

さらに記事を表示する

<AD>

Amazon 出版物(電子書籍)

「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)


捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ピックアップ記事

  1. 新年あけまして・・・本年もどうぞよろしくお願い申し上げます先月より入退院しており…
  2.    だがその数刻後、朝夷名義秀は死に瀕していた。…
  3.    その頃、和田の兵達はぞくぞくと船の周りへ集まっ…
  4.    その頃、義秀は矢を受けながらも立ち上がっていた…
  5. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時― 目次…
ページ上部へ戻る