menu
閉じる
  1. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  2. いもうと(頼朝と政子)
  3. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  4. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  5. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  6. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  7. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  8. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  9. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  10. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
閉じる
閉じる
  1. <鎌倉少年隊>を新しく妄想中・梵天(平盛綱)
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―44
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―43
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―39
  8. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  9. AmazonKindle出版「内容詳細」に不具合>解決。対応速いのは嬉…
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―38
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

カテゴリー:参考資料

アマカケル北条の姫

「アマカケル―北条の姫―」
2018年11月11日より、Amazon Kindle で販売開始します。

腑抜けの三郎

「腑抜けの三郎」
二代目執権・北条義時の三男、北条重時。
江ノ島を舞台に、龍と共に戦う少年少女の物語(連載中)。

最近読んだ本で引用されていて、いいな〜、と思った言葉に出会いました。「神者依人之敬增威、人者依神之德添運」「神は人の敬によりて威を増し人は神の徳によりて運を添ふ」(いかなる…

児童書:伝記を読もうシリーズ「葛飾北斎」より。アニメやマンガの先がけと言われる葛飾北斎の生涯を伝記でわかりやすく説明しています。子どもにはとっつきにくいんじゃ・・・? ってな表紙ですが、中身はいけてま…

中村ふみさん「魔女か天女か」ゴールデンエレファント賞受賞「裏閻魔」の作者の作品。ひと言。よく練られた面白い本でした。展開が早く、一気に読み終えました。豊臣秀次の謀反疑い>自刃という、秀…

小前亮さん「真田十勇士」先日、「『真田十勇士』& 真田丸現地を訪ねて」で1,2巻についてその他ご紹介しましたが、最終の3巻を読みましたので感想をば。児童文学はやはり安心して読めますね。正義…

月の森に、カミよ眠れ児童文学なのですが、よくよく読むと(深読み)凄いエロスでした。というとお怒りになる方もいるかもしれませんね。すみません。最初に謝っておこう。エロスといっても、快楽はまるで出てきません。あし…

大河ドラマ「真田丸」の影響で、やっぱり真田関係の書籍が随分目立ちますね。 真田は海野幸氏くんの子孫なので、結構好きな方の武将なのですが(理由が不純?) 私は信繁くんよりも信幸さんが好き。まじめで不器用な長男が好きです。

文章って、書く前に8割決まってしまうそうです。 今日は歴史書ではありませんが、 フリーライター 上阪氏の文章の書き方講座のご紹介です。

日本史資料研究会監修 細川重男編「鎌倉将軍 執権 連署列伝」「列伝」ですよ、「列伝」!!なんかすごそうな雰囲気が漂ってます。表紙の色も地味〜で重そうだし。内容紹介を読みますと……

童門冬二「尼将軍 北条政子」ー日本史初の女性リーダーー北条氏関連の書籍で、読んだものを少しずつご紹介していきます。ほとんどは参考資料として借りているのですが、参考になる一方、何気にツッコミ…

鎌倉時代を調べるのに、 とりあえず一回読んでおきたいのが「吾妻鏡」 後から北条氏が捏造したとか色々言われていますが とりあえず何があったのか、誰がいたのかなど参考になります。

さらに記事を表示する

<AD>

Amazon 出版物(電子書籍)

「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)


捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ピックアップ記事

  1. 少し前に書き上げた「代―ダイ―」のキャラが気に入ってしまって、しばらく妄想の世界に浸っておりました。…
  2.    源頼朝の長女、大姫で知られる一の姫は、幼い頃に…
  3.    時は遡る。法華堂の一室に重時はいた。言を抱えて…
  4.    音は目を覚まして何が起きたのかと戸惑った。見た…
  5.   「祖父上、父上! どうかお留まり下さい。叔父上方…
ページ上部へ戻る