menu
閉じる
  1. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  2. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  3. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  4. いもうと(頼朝と政子)
  5. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  6. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  7. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  8. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  9. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  10. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―66
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―65
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―64
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―63
  5. 女頼朝、更新しましたー
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―62
  7. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―61
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―60
  10. ただいまー
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

カテゴリー:鎌倉歴史小説(頼朝・政子・北条氏)

アマカケル北条の姫

「アマカケル―北条の姫―」
2018年11月11日より、Amazon Kindle で販売開始します。

腑抜けの三郎

「腑抜けの三郎」
二代目執権・北条義時の三男、北条重時。
江ノ島を舞台に、龍と共に戦う少年少女の物語(連載中)。

   その年は火事がよく起きた。特に九月二十二日の大火には鎌倉中が大騒ぎになった。十二月にもまた政子の居所で火事が起きる。 失火の報告に対し、政子は放火の可能性を強く示唆した。幕府は警戒を…

   将軍様はお忙しい。京から文が、諸国から報告が届く。朝も夜もない。だが将軍はまだ数え二つの小さな若君。よって、すぐに飽きる。泣く。使いが文言を述べていても聞くわけがない。よちよち歩き回る。…

   その夜、義母の伊賀の方が重時の別当就任に異を唱える。 伊賀の方の剣幕は凄かった。「どうして長く鎌倉を離れていた重時殿が別当なのです? 政村の方が適任です!」「重時は京…

  「小侍所? 何ですか? それ」 重時は目を瞬かせて父の顔を見た。「小侍所は三寅君専従の御家人だ。有力氏族の子弟を中心とする。その長に就任せよ」 重時はちらと義時を仰ぎ見…

   六月二十五日、重時は九条三寅の供として六波羅より鎌倉に向けて出発する。鎌倉に入る直前、迎えの人々と合流した。「よぉ、久しぶり。大役を仰せつかったってのに相変わらず腑抜けた顔してるじゃ…

『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時― 目次第一章「江島の辯才天」01  02  03  04  05  06 第二章「海賊の守り主 龍女オトヒメ」07…

   そんな中、その京と鎌倉の間にあって、のほほんと無関係を装う男がいた。猫じゃらし片手に猫達の間を歩き回る男、北条重時。「ほらほら、喧嘩しないの。ご飯はいっぱいあるんだから譲り合えばいい…

 第六章 「猫と侍と玉と寅と毒」 一二一九年、二月。その人は御簾の内側で晴れやかな顔をして笑っていた。「尊長よ、実朝が死んだ。呪詛が効いたの」 満足気な声に一人の僧が深く頭を下げる。…

   だがその数刻後、朝夷名義秀は死に瀕していた。「父さん、なぁ……しっかりしろよ」 細い、細い声で義秀に話しかける巴。「さっきまであんなに元気に吼えてたじゃんか。これ…

   その頃、和田の兵達はぞくぞくと船の周りへ集まっていた。しかし引いた波によってどの船も浅瀬に乗り上げ、船体は大きく傾いでいた。「くそ……こんな時に津波が来るなんて」 ガコン…

さらに記事を表示する

<AD>

Amazon 出版物(電子書籍)

「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)


捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ピックアップ記事

  1.    その年は火事がよく起きた。特に九月二十二日の大…
  2.    将軍様はお忙しい。京から文が、諸国から報告が届…
  3.    その夜、義母の伊賀の方が重時の別当就任に異を唱…
  4.   「小侍所? 何ですか? それ」 重時は目…
  5. 「小説家になろう」で連載途中のまま放置していた「大義名分小義明文、俺はそれより君を取る(女頼朝)…
ページ上部へ戻る