menu
閉じる
  1. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  2. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  3. いもうと(頼朝と政子)
  4. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  5. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  6. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  7. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  8. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  9. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  10. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―66
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―65
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―64
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―63
  5. 女頼朝、更新しましたー
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―62
  7. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―61
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―60
  10. ただいまー
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

カテゴリー:雑記「徒然がたり」

アマカケル北条の姫

「アマカケル―北条の姫―」
2018年11月11日より、Amazon Kindle で販売開始します。

腑抜けの三郎

「腑抜けの三郎」
二代目執権・北条義時の三男、北条重時。
江ノ島を舞台に、龍と共に戦う少年少女の物語(連載中)。

「小説家になろう」で連載途中のまま放置していた「大義名分小義明文、俺はそれより君を取る(女頼朝)」を更新しましたー小説家になろう「大義名分小義明文、俺はそれより君を取る」…

ご無沙汰すみまっせん。三途の川渡って戻ってきたっぽいです。とりあえず生きてます。くわしくはまたー…

新年あけまして・・・本年もどうぞよろしくお願い申し上げます先月より入退院しておりまして、更新滞っております連載途中のものがいくつかありますし新しく書きたいものも増えましたので復帰を祈念して新年のご…

突然ですが、入院しておりましてまた今後入院する予定がございまして更新がたまに滞るかもしれません。でも頑張って復活しますのでできましたらば応援よろしくお願いいたします。頼朝さんの時代は命はもっと…

「安全ではありません」と警告を発するようになったサイト。ちらほらと調べたところ、一般の企業でもまだ対応が出来ずにエラーってる所がまだまだありますね。前回はWordPressを使用しているサイトでの、アップデー…

少し前に書き上げた「代―ダイ―」のキャラが気に入ってしまって、しばらく妄想の世界に浸っておりました。一番手・主人公「梵天(平盛綱)」「アマカケル」の梵天がベースになっていますが、その後だ〜いぶ変更いたしました。…

えー、Googleさんが夏にやってくれちゃったSSL傾国(いや警告)について。検索順位やらその他ページ価値やら、やっぱり影響があるようですね。大手ブログを借りてらっしゃる方には、基本的には関係のない話だと思っ…

今月末締切の公募に応募しようかと鋭意努力しておりまして「アマカケル」Kindle今月中にと思っておりましたが、少し延期いたします。狙いはポッキーの日(11/11)という訳であと一週間、ちと更新などストップいたします〜…

天高く馬肥ゆる秋。ダイエットしたい方は洋服を捨てましょう。「洋服捨てると体重が減る」はマジ話です。ま、それは後ほど。北条時政の若い頃を小説にした『琥珀の龍紋』を来週10/1…

えー、安室奈美恵さんのラストライブが昨日だったそうで。「音漏れでもいいから側にいたい」ってファンの方が会場の外を囲って大変だったそうですね。うちの近所ではB’zの30thコンサートもやっておりまして二…

さらに記事を表示する

<AD>

Amazon 出版物(電子書籍)

「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)


捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ピックアップ記事

  1.    その年は火事がよく起きた。特に九月二十二日の大…
  2.    将軍様はお忙しい。京から文が、諸国から報告が届…
  3.    その夜、義母の伊賀の方が重時の別当就任に異を唱…
  4.   「小侍所? 何ですか? それ」 重時は目…
  5. 「小説家になろう」で連載途中のまま放置していた「大義名分小義明文、俺はそれより君を取る(女頼朝)…
ページ上部へ戻る