menu
閉じる
  1. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  2. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  3. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  4. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  5. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  6. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  7. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  8. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  9. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  10. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―56
  2. 更新が滞るかもしれません
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―55
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―54
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―53
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―52
  7. 小説の挿絵イラストを簡単に準備する方法
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―51
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―50
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―49
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

カテゴリー:雑記「徒然がたり」

アマカケル北条の姫

「アマカケル―北条の姫―」
2018年11月11日より、Amazon Kindle で販売開始します。

腑抜けの三郎

「腑抜けの三郎」
二代目執権・北条義時の三男、北条重時。
江ノ島を舞台に、龍と共に戦う少年少女の物語(連載中)。

皆様、台風の被害はありませんでしたか。当方、大阪に住んでおりましてちょうど台風の目の右側に位置していて結構な大風に見舞われました。マンションの5階で、雨戸はなく最初の東風のあたりでは、「わぁ、なんか白いも…

つれづれと。。。さくらももこさんの訃報を聞いて結構なダメージをくらっております。個人的には、まるちゃんよりはお姉ちゃんが好きでたまちゃんが好きで花輪くんが好きでしたがい…

すみません〜更新、お返事滞っております。梵天&金剛、書いていました。2週間で原稿用紙180枚分。そうしたら右手の指にひどい痺れ……これは、腱鞘炎?掃除機…

女頼朝の小説を2年ぶりに更新しました。「大義名分小義明文、俺はそれより君を取る」「小説家になろう」で連載中。他のをやりながら、後回しに回しまくっていたら…

アマカケル外伝の小金太と鞠姫の話、やっと終わりました〜意外に長くなりました。カウントしてみたらば、2万文字超、原稿用紙67枚。でも、もう一つの外伝「琥珀の龍紋」は128枚、アマカケ…

鞠ちゃん四コマ、その3。「いと、うつくし・・・」クリックすると下におります。さて、ネタに困ってきたわ。衣・食・住は一応おさえたし。次は何のネタがいいかしら。どなたかネタぷり…

鞠ちゃん四コマ、その続き。ばっちゃんの知恵、その2です。クリックすると下におります。「人心掌握は、夫から」ペットでも、餌をくれる人ってやっぱり一番認識が早いしね。生に直…

一年以上かかってしまいましたが、やっと目処がたちました。途中、更新がストップしたり1話の長さが変わったり・・・読んでくださった方に心より感謝とお詫び申し上げます。「アマカケル北条の姫」は3月で完結しまして…

久々に pixiv にアップしたものですが、鞠ちゃん四コマです。鞠ちゃんが出産後も無事に生きていたら、きっと政子ちゃんばりになってたんだろーなぁ。クリックすると下におります。きっと頼経…

更新滞ってマス。長い、長〜い忙しい夏休みが終わりました。色々出来るはずだったのに夜討ち朝駆け的に、色々なことが重なり気付けば一月。やっと夏が終わりました。今月こそ、色々進めるぞ〜!…

さらに記事を表示する

<AD>

Amazon 出版物(電子書籍)

「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)


捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ピックアップ記事

  1.    鎌倉の山に背を向けた。海を見る。海はいつもの通…
  2. 突然ですが、入院しておりましてまた今後入院する予定がございまして更新がた…
  3.    夕刻、和田軍は完全に由比が浜に押し込められてい…
  4.    重時は泰時の陣にて、膝をつき懇願していた。…
  5.    その頃、音は八幡宮の東の山を抜けて六浦港へと辿…
ページ上部へ戻る