menu
閉じる
  1. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  2. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  3. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  4. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  5. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  6. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  7. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  8. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  9. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  10. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―67
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―66
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―65
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―64
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―63
  6. 女頼朝、更新しましたー
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―62
  8. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―61
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―60
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

タグ:北条政子

アマカケル北条の姫

「アマカケル―北条の姫―」
2018年11月11日より、Amazon Kindle で販売開始します。

腑抜けの三郎

「腑抜けの三郎」
二代目執権・北条義時の三男、北条重時。
江ノ島を舞台に、龍と共に戦う少年少女の物語(連載中)。

   その年は火事がよく起きた。特に九月二十二日の大火には鎌倉中が大騒ぎになった。十二月にもまた政子の居所で火事が起きる。 失火の報告に対し、政子は放火の可能性を強く示唆した。幕府は警戒を…

『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時― 目次第一章「江島の辯才天」01  02  03  04  05  06 第二章「海賊の守り主 龍女オトヒメ」07…

   鎌倉の市街地でも激戦が繰り広げられていた。幕府方の大将として軍を指揮していたのは北条泰時。彼は和田の進行を一歩も引かずに頑強に押し留めた。 戦が長時間に及ぶにつれ、近隣諸国から御…

   源頼朝の長女、大姫で知られる一の姫は、幼い頃に清水冠者義高と許嫁の関係にあった。義高は頼朝の従兄弟・木曾義仲の嫡男。鎌倉の人質だった。義仲敗死の三月後に義高は鎌倉を逃げ出し、捕らえられて…

   音は目を覚まして何が起きたのかと戸惑った。見たこともない場所に美しい衣を着せられ寝かされていた。化粧をした女達が笑いさざめく。浄土に辿り着いたのかと思う。「まぁ、目が覚めたのね。…

  「朝時は伊賀の方とうまくいっているの?」 そっと囁くような辺りを窺うような声。三郎はおずおずと小さく首を縦にふる。「はい。兄はあの通り屈託のない性格で、誰とでもすぐに打ち解…

   その夕刻、尼御台・政子が北条館を訪れた。朝時の顔を見るなり可笑しそうに噴き出す。「あらあら、ひどい膨れ面。一日中部屋に篭って写経をしてるんですって? ご苦労様なことね」 …

   三月九日、将軍と御台所、尼御台、執権らを乗せた船が三浦三崎の桜の御所へと向かっていた。船上では雅な音楽が鳴らされ、舞や謡が行われていた。 音はその船上にて神事を執り行っていた。厳…

「アマカケル北条の姫」の表紙、やっと作りました。カバーイラスト苦手なので、どなたかにお願いしたいなぁと思ったりもしましたがまぁ、自分の絵じゃなしにやってしまおうかと商用OK…

鞠ちゃん四コマ、その続き。ばっちゃんの知恵、その2です。クリックすると下におります。「人心掌握は、夫から」ペットでも、餌をくれる人ってやっぱり一番認識が早いしね。生に直…

さらに記事を表示する

<AD>

Amazon 出版物(電子書籍)

「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)


捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ピックアップ記事

  1.   「別当殿、武州殿がお呼びです」 呼ばれて…
  2.    その年は火事がよく起きた。特に九月二十二日の大…
  3.    将軍様はお忙しい。京から文が、諸国から報告が届…
  4.    その夜、義母の伊賀の方が重時の別当就任に異を唱…
  5.   「小侍所? 何ですか? それ」 重時は目…
ページ上部へ戻る