menu
閉じる
  1. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  2. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  3. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  4. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  5. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  6. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  7. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  8. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  9. いもうと(頼朝と政子)
  10. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―59
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―58
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―57
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―56
  6. 更新が滞るかもしれません
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―55
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―54
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―53
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―52
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

タグ:北条朝時

アマカケル北条の姫

「アマカケル―北条の姫―」
2018年11月11日より、Amazon Kindle で販売開始します。

腑抜けの三郎

「腑抜けの三郎」
二代目執権・北条義時の三男、北条重時。
江ノ島を舞台に、龍と共に戦う少年少女の物語(連載中)。

『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時― 目次第一章「江島の辯才天」01  02  03  04  05  06 第二章「海賊の守り主 龍女オトヒメ」07…

   その頃、修羅の場は南庭へと移っていった。義秀はまさに鬼神であった。彼に挑んだ名のある武将が次々に倒されていく。御所方の御家人は義秀を取り巻き、いかにして彼を止めるかと息を詰めていた。…

   その夕刻、尼御台・政子が北条館を訪れた。朝時の顔を見るなり可笑しそうに噴き出す。「あらあら、ひどい膨れ面。一日中部屋に篭って写経をしてるんですって? ご苦労様なことね」 …

   その昔、奥州征伐の年にも人魚が浜に流れ着いたと聞く。人魚が浜に上がる年は災いが降り掛かると言われていた。だから、人魚とは恐ろしいものに違いないと三郎は思っていた。 でもこの人魚は…

   鎌倉初期、江間の館は御所の南方に小じんまりとあった。頼朝の近従だった義時がすぐに参内出来るようにと御所の間近に建てられたのだ。その小さな庭ではいつも子供達の声が響いていた。「ほら…

   神罰――? 小さく首を横に振る三郎に、次郎兄はぎょろりと目を剥いた。「将軍様が禁忌を犯して探らせた伊東と富士の洞穴には、巨大な大蛇が棲んでいたんだと。それらを斬って捨てた…

   蒸し風呂のような凪の刻が過ぎると、今度は風が海に向かって流れ始める。耳に心地よい波の音、汗ばんだ身体を優しく撫でる風。ついうとうとと眠りに落ちかけた時、次郎兄が口を開いた。「起き…

<AD>

Amazon 出版物(電子書籍)

「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)


捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ピックアップ記事

  1.    だがその数刻後、朝夷名義秀は死に瀕していた。…
  2.    その頃、和田の兵達はぞくぞくと船の周りへ集まっ…
  3.    その頃、義秀は矢を受けながらも立ち上がっていた…
  4. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時― 目次…
  5.    鎌倉の山に背を向けた。海を見る。海はいつもの通…
ページ上部へ戻る