menu
閉じる
  1. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  2. いもうと(頼朝と政子)
  3. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  4. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  5. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  6. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  7. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  8. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  9. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  10. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
閉じる
閉じる
  1. 腑抜けの三郎―北条重時―66
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―65
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―64
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―63
  5. 女頼朝、更新しましたー
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―62
  7. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  8. 腑抜けの三郎―北条重時―61
  9. 腑抜けの三郎―北条重時―60
  10. ただいまー
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

タグ:北条義時

アマカケル北条の姫

「アマカケル―北条の姫―」
2018年11月11日より、Amazon Kindle で販売開始します。

腑抜けの三郎

「腑抜けの三郎」
二代目執権・北条義時の三男、北条重時。
江ノ島を舞台に、龍と共に戦う少年少女の物語(連載中)。

   その夜、義母の伊賀の方が重時の別当就任に異を唱える。 伊賀の方の剣幕は凄かった。「どうして長く鎌倉を離れていた重時殿が別当なのです? 政村の方が適任です!」「重時は京…

  「小侍所? 何ですか? それ」 重時は目を瞬かせて父の顔を見た。「小侍所は三寅君専従の御家人だ。有力氏族の子弟を中心とする。その長に就任せよ」 重時はちらと義時を仰ぎ見…

『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時― 目次第一章「江島の辯才天」01  02  03  04  05  06 第二章「海賊の守り主 龍女オトヒメ」07…

   その頃まさに御所の南門前では、馬に騎乗した義秀が御所内に攻め入らんとしていた。「我こそ朝夷奈義秀! 傍若無人の義時の所業を諌める為に起った。将軍をたぶらかし権威を欲しいままにする…

   その頃、和田館は騒然としていた。「挙兵が北条に漏れたやもしれません!」 危急を知らせる男の声に場は一気に殺気立つ。御所の偵察に立っていた男は膝をつき義盛の顔を見上げると、…

  「朝時兄がいない……?」 京への途上。富士に着いた重時は驚いた。兄に話を通しておこうと立ち寄ったのに、蟄居していた筈の朝時がいなかったのだ。「はい。『和田との戦が間近だから…

   それから少し経った二月、事は起きた。信濃の泉親衡が頼家の遺児を旗印に北条打倒を画策したのだ。陰謀に加担したと捕縛された中に和田義盛の息子二人と甥がいた。義盛は将軍に息子達の赦免を願い出る…

  「朝時は伊賀の方とうまくいっているの?」 そっと囁くような辺りを窺うような声。三郎はおずおずと小さく首を縦にふる。「はい。兄はあの通り屈託のない性格で、誰とでもすぐに打ち解…

  「まぁ、お上手に書けたこと」 優しい母の声に、三郎は筆を握ったまま得意げな顔で振り返った。 館を抜け出した翌朝、次郎と三郎の二人は、由比の浦に小船で揺られている所を漁師に発…

   鎌倉初期、江間の館は御所の南方に小じんまりとあった。頼朝の近従だった義時がすぐに参内出来るようにと御所の間近に建てられたのだ。その小さな庭ではいつも子供達の声が響いていた。「ほら…

さらに記事を表示する

<AD>

Amazon 出版物(電子書籍)

「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)


捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ピックアップ記事

  1.    その年は火事がよく起きた。特に九月二十二日の大…
  2.    将軍様はお忙しい。京から文が、諸国から報告が届…
  3.    その夜、義母の伊賀の方が重時の別当就任に異を唱…
  4.   「小侍所? 何ですか? それ」 重時は目…
  5. 「小説家になろう」で連載途中のまま放置していた「大義名分小義明文、俺はそれより君を取る(女頼朝)…
ページ上部へ戻る