menu
閉じる
  1. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  2. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  3. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  4. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  5. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  6. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  7. カクヨムで連載中です
  8. こんにちは。細々と活動してます。
  9. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  10. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
閉じる
閉じる
  1. カクヨムで連載中です
  2. 2021年もどうぞ宜しくお願いいたします
  3. 北条一族って
  4. こんにちは。細々と活動してます。
  5. とかじり小四郎・江間義時を一旦下げましたが、やっぱり戻しました。
  6. 脳腫瘍手術後・療養日記4
  7. 脳腫瘍手術後・療養日記3
  8. 脳腫瘍手術後・療養日記2
  9. 脳腫瘍手術後・療養日記1
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―67
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

タグ:姫の前

アマカケル北条の姫

「アマカケル―北条の姫―」
2018年11月11日より、Amazon Kindle で販売開始します。

腑抜けの三郎

「腑抜けの三郎」
二代目執権・北条義時の三男、北条重時。
江ノ島を舞台に、龍と共に戦う少年少女の物語(連載中)。

体調が少し良くなった時にカクヨムで北条義時の妻、姫の前の連載を開始しました。本当は女頼朝を再開しようとと思ったんですが、今ちょっと難しそうなので一応完成してる方を打ち込み直しながら定期更新しております。…

『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時― 目次第一章「江島の辯才天」01  02  03  04  05  06 第二章「海賊の守り主 龍女オトヒメ」07…

  「まぁ、お上手に書けたこと」 優しい母の声に、三郎は筆を握ったまま得意げな顔で振り返った。 館を抜け出した翌朝、次郎と三郎の二人は、由比の浦に小船で揺られている所を漁師に発…

   鎌倉初期、江間の館は御所の南方に小じんまりとあった。頼朝の近従だった義時がすぐに参内出来るようにと御所の間近に建てられたのだ。その小さな庭ではいつも子供達の声が響いていた。「ほら…

「江間家の段」出演:江間小四郎(北条義時)、真朝(姫の前)、畠山重忠、源頼朝、北条政子(キャラは拙著「とかじり小四郎」より)ー その3 ー 真朝は口をつぐんだ。いたずら…

「江間家の段」出演:江間小四郎(北条義時)、真朝(姫の前)、畠山重忠、源頼朝、北条政子(キャラは拙著「とかじり小四郎」より)ー その2 ー「信じらんない! 女の子の髪の…

勝手に妄想した鎌倉の平和な一日を現代・妄想語訳(誤訳)でお届けします。ただ単にカップルがいちゃついてるだけというツッコミ大歓迎です。「江間家の段」出演:江間小四郎(北条義時)、真朝…

<とかじり小四郎 ― あとがき ―>全部お読みくださった方、もしいらっしゃいましたら、誠にありがとうございます。北条義時さんは私のお気に入りキャラ(キャラじゃないって!)で溺愛しています。色々とご苦労されてい…

 一一九二年、九月二十五日。「え、迎えに来たの? どうして?」 白姿の真朝は大きな目を更に大きく見開いて、突然現れた小四郎を見つめた。 今回の婚儀は比企への通い婚ではなく、真朝を江間に迎え…

だんまり、腑抜け、しんねりむっつり。 北条家の次男、小四郎義時は「しょんない」が口癖の、いつもどこかに「とかじった」男だった。 二代執権・北条義時の若かりし頃の話。

さらに記事を表示する

<AD>

Amazon 出版物(電子書籍)

「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)


捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ピックアップ記事

  1. 体調が少し良くなった時にカクヨムで北条義時の妻、姫の前の連載を開始しました。本当は女頼朝を再開しよう…
  2. 年が明けて、世情は色々ですが、冬至も無事に過ぎて、でもまだまだ頑張れるはずと、復活を目指して地味に稼…
  3. なんか、とかじり小四郎を復活させたら、下書きに残っていたものがあったので、5年前の文章ですが、そのま…
  4. ご無沙汰しておりますのたりのたりと生きております。少しずつスマホは短時間なら持てるようになってきたの…
  5. 「とかじり小四郎・江間義時」を一旦下げましたが、やっぱり戻しました。来年の大河だしね…思い入れが…
ページ上部へ戻る