menu
閉じる
  1. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  2. いもうと(頼朝と政子)
  3. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  4. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
  5. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  6. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  7. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  8. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  9. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  10. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
閉じる
閉じる
  1. <鎌倉少年隊>を新しく妄想中・梵天(平盛綱)
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―44
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―43
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―39
  8. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  9. AmazonKindle出版「内容詳細」に不具合>解決。対応速いのは嬉…
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―38
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

タグ:朝比奈義秀

アマカケル北条の姫

「アマカケル―北条の姫―」
2018年11月11日より、Amazon Kindle で販売開始します。

腑抜けの三郎

「腑抜けの三郎」
二代目執権・北条義時の三男、北条重時。
江ノ島を舞台に、龍と共に戦う少年少女の物語(連載中)。

  「祖父上、父上! どうかお留まり下さい。叔父上方もどうか冷静に。御所様に弓引くなど、とんでもないことです」 和田義盛と、その嫡男・常盛に必死で懇願するのは、常盛の嫡子・朝盛だった。…

『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時― 目次第一章「江島の辯才天」01  02  03  04  05  06 第二章「海賊の守り主 龍女オトヒメ」07…

  「音は頼朝公の御落胤ってことかよ?」「いいや。それは今は言えない」 そして時房は音に手を差し出した。「突然驚かせて済まない。先ずは尼御台の話を聞いて欲しい。一緒に来…

   三人は船で江島に向かった。風が出て波が荒い。少し重い気分になる。僅か眉をひそめる音に時房は笑顔で話しかけた。「ところで乙姫、運慶殿は知ってるかい?」 音は頷いた。義秀の父…

 第四章 「星月夜に堕ちる」 翌、一二一三年正月は地震で始まった。数日後、鶴岡八幡宮で流鏑馬があって音は出掛ける。祭りがあるとつい三郎を探してしまう。一度として会えたことはないけれど。「言は、…

   時房は義秀の前にひれ伏してる三郎を認めて、驚いた顔をした。「三郎? お前、こんな所で何をしてる?」 叔父の顔を見た三郎が泣き笑いの顔をしたと同時に、さっと横に人影が現れて…

   その五月。元服を前に、三郎は鎌倉の北条館に戻っていた。 十年振りの鎌倉。屋敷には新しい母がいて、腹違いの弟達もいた。三郎が鎌倉で母と過ごした幼年期とはまるで様子が違う。ここにはも…

  「言の葉……」と繰り返し、ふと風が揺れたような気がした。突然気付く。「ねぇ! 僕、君の言葉に覚えがあるよ。君は東国の、鎌倉か三浦の人なんじゃない?」 少女、ことは驚いた顔で…

   三郎はそっと駆け寄ると彼女の手を引いた。驚いて目を見開く少女。「早くこちらに」 従者が引き戻して場から遠ざけていた牛車の中に少女を押し込め、衣を少女に被せると御簾を下ろし…

   僅か下った京の町。人の賑わう大通りを「言の葉、言の葉」とブツブツ唱えながら牛車の横を歩く少年がいた。三郎だ。あの江島の日、六つだった三郎は十四になっていた。「なんだ、まだ考えてる…

さらに記事を表示する

<AD>

Amazon 出版物(電子書籍)

「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)


捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ピックアップ記事

  1. 少し前に書き上げた「代―ダイ―」のキャラが気に入ってしまって、しばらく妄想の世界に浸っておりました。…
  2.    源頼朝の長女、大姫で知られる一の姫は、幼い頃に…
  3.    時は遡る。法華堂の一室に重時はいた。言を抱えて…
  4.    音は目を覚まして何が起きたのかと戸惑った。見た…
  5.   「祖父上、父上! どうかお留まり下さい。叔父上方…
ページ上部へ戻る