menu
閉じる
  1. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  2. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  3. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  4. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  5. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  6. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  7. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  8. いもうと(頼朝と政子)
  9. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  10. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
閉じる
閉じる
  1. <鎌倉少年隊>を新しく妄想中・梵天(平盛綱)
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―44
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―43
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―39
  8. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  9. AmazonKindle出版「内容詳細」に不具合>解決。対応速いのは嬉…
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―38
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

タグ:武田信光

アマカケル北条の姫

「アマカケル―北条の姫―」
2018年11月11日より、Amazon Kindle で販売開始します。

腑抜けの三郎

「腑抜けの三郎」
二代目執権・北条義時の三男、北条重時。
江ノ島を舞台に、龍と共に戦う少年少女の物語(連載中)。

「はぁ? 義時が花嫁を馬に乗せて逃亡した?」 素っ頓狂な声を上げた頼朝に、ぶっと噴き出す石和五郎。「あの、しんねりむっつりめ、随分と面白いことをするじゃないか」 その横で畠山重忠が呟いた。…

 その後小四郎は石和五郎の後をついて甲斐へと赴き、彼の父である武田信義と面会した。そこで小四郎は先の考えを改める。石和五郎はまだ子供の龍でしかない。武田信義こそが龍であった。「石橋山では大敗したそうだ…

 先程まで案内してくれていた僧には礼を言って箱根権現へと戻した。「辛気くさい顔しやがって。初陣だっただか?」 確かに初陣だが、この疲れはそればかりではない。でも説明など出来なかった。父が自分を…

 富士の湖の畔の戦場では、今まさに合戦が行われていた。 だがそれは不思議な合戦だった。 片側は距離を取って矢を大量に射かけ、もう片側は弓は地に打ち捨て、太刀だけで相手に近付こうと死闘を繰り返し…

 急いで蛭ヶ島に戻れば、館の中はガランとしていた。元々、旅の途中の仮住まいで荷はほとんどなかったが、その全てが消え、床は綺麗に拭き清められていた。 慌てて馬屋へと走る。するとそこには旅姿の石和五郎が馬を引…

「よぉ、どうした? 鬼にでも喰われたよっちょ顔して」 蛭ヶ島の古い館。伊豆に流された直後に数年と、招かれた伊東から命を狙われて北条を頼って戻ってきての数年を頼朝が過ごした場所。空き家になっていたこの館には…

<AD>

Amazon 出版物(電子書籍)

「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)


捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ピックアップ記事

  1. 少し前に書き上げた「代―ダイ―」のキャラが気に入ってしまって、しばらく妄想の世界に浸っておりました。…
  2.    源頼朝の長女、大姫で知られる一の姫は、幼い頃に…
  3.    時は遡る。法華堂の一室に重時はいた。言を抱えて…
  4.    音は目を覚まして何が起きたのかと戸惑った。見た…
  5.   「祖父上、父上! どうかお留まり下さい。叔父上方…
ページ上部へ戻る