menu
閉じる
  1. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  2. あづまがたり(頼朝と政子の出逢い)
  3. 竹御所、若紫源氏を拾う(鞠子と三寅)
  4. イザヤ!鎌倉「江間家の段」1(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  5. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  6. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  7. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  8. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  9. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  10. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
閉じる
閉じる
  1. <鎌倉少年隊>を新しく妄想中・梵天(平盛綱)
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―44
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―43
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―39
  8. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  9. AmazonKindle出版「内容詳細」に不具合>解決。対応速いのは嬉…
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―38
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

タグ:源頼朝

アマカケル北条の姫

「アマカケル―北条の姫―」
2018年11月11日より、Amazon Kindle で販売開始します。

腑抜けの三郎

「腑抜けの三郎」
二代目執権・北条義時の三男、北条重時。
江ノ島を舞台に、龍と共に戦う少年少女の物語(連載中)。

「アマカケル北条の姫」の表紙、やっと作りました。カバーイラスト苦手なので、どなたかにお願いしたいなぁと思ったりもしましたがまぁ、自分の絵じゃなしにやってしまおうかと商用OK…

このページにお越しいただき、ありがとうございます。「アマカケル北条の姫」は一旦下げました。近く、Kindleにて公開予定です。以下、外伝です ――― 。「秋夜夢(短編)」源頼朝&北条政…

  刀は嫌いだ。重くて無粋で、常に優劣を競い合って反り返っている。 それに比べ、弓は好い。羽の美しさ、弦の奏でる音、成りが描く曲線も優美でしなやかだ。 なのに、持たされたのは刀一本。 取り上げてくれれば良…

「はぁ? 義時が花嫁を馬に乗せて逃亡した?」 素っ頓狂な声を上げた頼朝に、ぶっと噴き出す石和五郎。「あの、しんねりむっつりめ、随分と面白いことをするじゃないか」 その横で畠山重忠が呟いた。…

「へ……」 小四郎は紙に書いた「へ」の字を前に頭を悩ませていた。 屁、は当然よろしくない。品性を疑われる。 平家、は面白くない。 『へ』ではなく『べ』にして、紅を送ろうか。でもそれ…

だんまり、腑抜け、しんねりむっつり。 北条家の次男、小四郎義時は「しょんない」が口癖の、いつもどこかに「とかじった」男だった。 二代執権・北条義時の若かりし頃の話。

「やあ、済まなかったな」 頼朝はにこりと微笑み、小四郎は首を横に振る。 とかじっていた夫婦の関係が改善されたのだろう。御所内の空気が柔らかく変化したように思うのは気のせいではない。『戦の時…

 だが、別に何の問題も起きなかった。頼朝は時政が伊豆へ行った直後こそ慌てて小四郎を呼びつけたりもしたが、他の氏族が呼応しての内乱が起きる可能性がないと見るや、やっと厄介払いが出来たとばかりに上機嫌で政子の機嫌を取…

 パチリ。パチリ。 碁石が盤を叩く音が静かな部屋に響く。小四郎はわからないようにこっそりと微笑んだ。 この音が好きだ。静かな風が流れるのも。多数の人間が小さな盤を二重三重に囲み覗き込みながら無言で…

 その後はめまぐるしく時が流れた。平清盛が死に、木曾義仲が起ち、西国は飢饉に襲われ、京は荒れた。 逆に東国は好天に恵まれ、稲はよく育ち、頼朝の味方は日を追って増え、鎌倉の町は新しく美しく整えられた。…

さらに記事を表示する

<AD>

Amazon 出版物(電子書籍)

「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)


捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ピックアップ記事

  1. 少し前に書き上げた「代―ダイ―」のキャラが気に入ってしまって、しばらく妄想の世界に浸っておりました。…
  2.    源頼朝の長女、大姫で知られる一の姫は、幼い頃に…
  3.    時は遡る。法華堂の一室に重時はいた。言を抱えて…
  4.    音は目を覚まして何が起きたのかと戸惑った。見た…
  5.   「祖父上、父上! どうかお留まり下さい。叔父上方…
ページ上部へ戻る