menu
閉じる
  1. 流鏑馬神事(海野幸氏と大姫・後編)
  2. イザヤ!鎌倉「江間家の段」3(My wife’s mirror:吾妻鏡…
  3. 「アマカケル―北条の姫―」AmazonKindleで販売開始します
  4. 20万字もの長すぎる文章をKindle用にe-pub化する方法(Mac…
  5. いもうと(頼朝と政子)
  6. 『アマカケル北条の姫 ―蛙姫― 』北条家血 お知らせ
  7. 竹御所、若紫源氏を育てる(鞠子と三寅)
  8. 『 とかじり小四郎 』北条義時物語
  9. 連載は3月で完結。4月いっぱいで下げます。<アマカケル>
  10. アワの夢『 北条政子の夢買物語 』
閉じる
閉じる
  1. <鎌倉少年隊>を新しく妄想中・梵天(平盛綱)
  2. 腑抜けの三郎―北条重時―44
  3. 腑抜けの三郎―北条重時―43
  4. 腑抜けの三郎―北条重時―42
  5. 腑抜けの三郎―北条重時―41
  6. 腑抜けの三郎―北条重時―40
  7. 腑抜けの三郎―北条重時―39
  8. 『 腑抜けの三郎 』 ―北条重時―
  9. AmazonKindle出版「内容詳細」に不具合>解決。対応速いのは嬉…
  10. 腑抜けの三郎―北条重時―38
閉じる

頼朝・北条好きFanSite「あづまがたり」

タグ:真田丸

アマカケル北条の姫

「アマカケル―北条の姫―」
2018年11月11日より、Amazon Kindle で販売開始します。

腑抜けの三郎

「腑抜けの三郎」
二代目執権・北条義時の三男、北条重時。
江ノ島を舞台に、龍と共に戦う少年少女の物語(連載中)。

あー、出浦さんがいなくなってしまった〜。真田昌幸的な終宴感が〜お兄ちゃんってば、やらかしちゃったよ。徳川の手先だよ〜お兄ちゃん本人に”やらかした”感はないでしょうね。”また父ちゃんがやらかした…

二週間遅れですんません。アップし忘れてました。ではまず、勝手にタイトル深読みコーナーより。 今週のタイトル、勝手に深読みさて、今回のタイトルは「黄昏」でした…

伏見城の普請、真田の皆さん、結構真面目にやってましたね。そして予想通り、「慶長伏見大地震」についても再現してくれました。この指月城の遺構が、去年2015年の夏に見つかりました。それまでどこにあるかも分から…

前に「『真田丸』と大地震と、過去の日本列島と現在の危機」でも書きましたが、この戦国末期の日本は大地震の群発期。一体、何が起きていたのかまとめてみました。 伏見城…

さて、では『真田丸』27回「不信」の女性陣について語ります。それから、28回「受難」への期待と妄想も。 真田丸、ヒロインきりちゃんの今週のコントまず、信…

真田丸27回のタイトルは「不信」でしたが、フシンって結構漢字が色々あるのね。「不審」な伏見の「普請」に「父心」が裏目で「腐心」続けた補佐も「不振」で「不信」爆発とまぁ「フシン」だけで、これだけの文が出来ま…

まず最初に、次回予告から!後に、信繁の正室となる大谷吉継の娘、春ちゃん登場!おおっ、可愛いじゃないですか。私好みですよ。きりちゃん、ごめん。私、春ちゃんに転ぶかも。映画「ちはやふる…

小前亮さん「真田十勇士」先日、「『真田十勇士』& 真田丸現地を訪ねて」で1,2巻についてその他ご紹介しましたが、最終の3巻を読みましたので感想をば。児童文学はやはり安心して読めますね。正義…

茶々さん竹内さんですが、ちょっぴり悪評がたっていると聞いて、今回はきりちゃんではなく、茶々さんで記事を書かせていただきます。「気持ち悪い」「イメージと違う」「ちょっと痛い」そんな噂がチラホラ、との…

1586年1月18日、(天正13年11月29日)、天正地震が起きます。清州会議の3年後、小牧・長久手の翌年の出来事です。『真田丸』では「秀吉が攻めて来る〜!」と怯えていた家康さんが地震によって秀吉が動けな…

さらに記事を表示する

<AD>

Amazon 出版物(電子書籍)

「殺さなきゃ……父が来る前に」後に北条政子と呼ばれる女は、水を滴らせた白い布で夫の口を塞いだ。「私を妻にしてください」そう願ったのは幼い頃。歳が十離れたその人、佐殿は「源氏物語」の「光の君」そのもの。いつか若紫のように望まれて、共に生きると信じてた。(長編)


捕えられ鎌倉へと送られた白拍子は、八幡宮での舞に呪をこめる。男児を殺され奥州を目指すも辿り着いたのは蝦夷だった。静御前の話。(中編)


木曾義仲の息子・義高が逃亡した。その身代わりとなって牢に繋がれた海野幸氏と、彼を助けようとする大姫の話。(短編)

ピックアップ記事

  1. 少し前に書き上げた「代―ダイ―」のキャラが気に入ってしまって、しばらく妄想の世界に浸っておりました。…
  2.    源頼朝の長女、大姫で知られる一の姫は、幼い頃に…
  3.    時は遡る。法華堂の一室に重時はいた。言を抱えて…
  4.    音は目を覚まして何が起きたのかと戸惑った。見た…
  5.   「祖父上、父上! どうかお留まり下さい。叔父上方…
ページ上部へ戻る